太陽光発電の見積もり

太陽光発電をしたいと思っていましたが、家の屋根が東向きで南より約85%効率がわるくなるため、あきらめていました。家は切妻屋根。こんな形。
画像


でも、補助金が国に加えて、自分の町でも出るので、軽い気持ちで見積もりをお願いしました。
ネットで検索するといろいろな業者が山ほどあってどこにお願いしてよいのか、さっぱりわからないのですが、たまたま、パワコンが無料!と書かれている紙の広告を持っていたこともあって、ホンダソルティックの業者にまず依頼。
これが、およそ2ヶ月くらい前。いくつかの家の部分の図面をデジカメで撮影してそれを送ったのですが、なかな見積もり結果がでない。

しびれをきらして、こんどは、近くのヤマ電に電話。
すると、お店の人は電話先を教えてくれるだけ。
そして、その電話先に電話すると、電話番の女性が出て、詳しいことはあとで地区の担当から連絡するので電話番号を教えてくれとの事。
そして、2日後にようやく、電話があったのだけど、その人も単なる仲介者で、単に、詳しい住所を教えただけ。
その後、地区の担当者から電話連絡があり、少し遠いが複数の県を担当しているとのこと。どこの業者かは??家を見たい(いきなり)とのことなので、土日にお願いしました。とりあえず、その日中に、メールで家の図面を送付。

ホンダソルティックの業者からもようやく見積もりが来た!かなり詳しかったです。いままでで、最高の詳しさ。これが、全くの素人にとっては、あとあと役に立ち、東電の申請費&検査立会い費、売電メータ、メータBOX、足場設置費まで計上していました。
でも、高かった。70万円(税なし)/Kwを超えた、これでは補助金が出ない。性能が良いとされる三洋でもないのに、びっくり。

土日になって、ヤマ電の人が来ました。名刺もヤマ電でした。施工実績も多い、信頼ある業者かどうかは全く??車は他県ナンバー。屋根とかの長さを実測する用意をしていなかったのでようで、すぐに見積もりを見る事に。。。シャープと三菱の見積もりであったが、安くなかった。2.88kwで200万円(税込み。以後すべて)とシャープとしては高い。三菱は発電量が少ないのにさらに高い。どうして、三菱の見積もりまで持ってくるのか?シャープが安いよ!とPRするための単なる当て馬作戦か?

売電が2倍になる話や、東面だと85%など聴いて参考になったけど。。でも、なぜかエコキュートが無いとダメと言うのです。ヤマ電では、特に安いらしいが、エコキュートを入れるつもりは全くなかったので、断る理由になったけど。。。いろいろな疑問が沸いてきたので、結果的には、これが、いろいろ調べるきっかけとなった。

ネットで検索して業者を探しても、よさそうな業者かどうか判断に困ります。とりあえず選んだ基準は、実績の多さ、店舗の大きさ、所在が確認でき、自宅が工事可能エリアになっていることです。少し離れているけど業者2つを選んでメールで見積もり依頼!また翌日には、iタウンページで地元の太陽光発電の業者一覧がわかったので、その中からHPがあって、前記内容が確認できた2つにもメールで見積もり依頼。

最初にメールした業者からは2日後には依頼した三洋の見積もりがきた。選んだ中では唯一、三洋を取り扱う業者だったが、三洋で3.36kw247万円と補助金がでる最高額(kw当たり70x1.05万円)と一致していた。実効率が高いらしい三洋でも、この金額では高すぎです。
また、自宅の屋根は小さいので、発電量を増やすために効率が良い三洋にしたかったが、パネルサイズがシャープより大きいため、使うことができない無駄なエリアがシャープより大きくなってしまい、たいして発電量も増えてない。

このまま三洋をあきらめたくないので、ほかの三洋の業者を探すため、困ったあげく、三洋へ直にメールして、業者を教えてもらうことに。。のちに、これが☆となった。

地元業者からの見積もりも来た。1社は5.76kwで320万!⇒こちらの、要望を聴いてくれないので×。もう1社は2.88kwで180万円と、まあまあだったのと、催促メールも来ていたので、現地確認してもらうことにした。東電の申請費に付いて聴いたら含まれていないので、後で自分で払うらしい。また後から、気が付いたが、パワコンが効率の良い新型ではなかった。ヤマ電では、新型であったのに。

最初にメールしたもうひとつの業者から見積もりがようやく来たが、ヤマ電より高かった。ここにも丁寧にお断りのメールした。

そして、三洋に紹介してもらった☆にシャープと三洋の見積もり依頼して、結果が来た。三洋は3.360kWで218万とシャープよりKw当たり10万円の差があって×、シャープは今まで一番安く、2.88kwで163万円だった。基本的に追加費用は無いとの事。パワコンはHPにはまだ載ってない新しい型番のJH-S9Y2だった。「JH-S9Y2」で検索すると、認定時の申請型番でHITし、現行の新型のJH-S8**と同一登録日であり、栃木県の田淵電子工業で製造している(部品製造は中国で単なる組み立てだけかも)ことがわかる。JH-S8**はもう作らないらしい。

翌日に地元の業者がハシゴをつんだトラックで自宅に来てしまった。屋根に上がっての実測と、配電盤の位置確認した。工事条件的には、配電盤と外のパワコンの位置が近い、屋根に資材をあげやすい、ことなどから最もやり易いらしい。こちらからは、新型パワコンでの再見積もりを依頼した。再見積もりは+10万で、☆より高かったので値下げ要求したら2.88kw178万円となったが、まだ差がある。

これまで、見積もりは計7業者に行った。最後に、ようやく納得できる☆が見つかった(ここを紹介してもらった三洋さんありがごうございました、と言うかシャープにしてごめんなさい)。
あとは、2.88kwでいいのか?もっと載せられないの?について、冬至での屋根の影の計算をしたり、何年で原価償却できるの?について、発電量ごとにシミュレーションをしたりした。これらには、かなり時間がかかった。別の日に説明したい。今は、約束した☆が来る日を待っているところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

東向き
2009年11月22日 12:54
出力が小さくて不安との事で書き込ませて頂きます。
パネルの向きが東,西の場合、日の短い時期の発電量落ち込みが特に多いです。
3月頃から急に驚くほど出力があがります。
11,12月の発電量は晴れの日で1日9K位で正常と思います。
ゴシッシ
2009年11月23日 19:50
冬至に近い時期はこんなものなのかなと、最近はあきらめていました。やはり、東向きでは、しかたないのですね。春の挽回を期待したいです。ありがとうございました。

この記事へのトラックバック