安物メモリーカードリーダ

上海問屋で2年くらい前に買ったSDHC対応のメモリーカードリーダの本体側の小型USBコネクタの接触が悪かったのだが、とうとう全く使えなくなってしまった。基板のパターンが剥がれてしまった感じである。デジカメ(TZ5)から直接ケーブルをつなげてPCに読み込ませると数倍以上も時間がかったので、新しいものを買うことにした。

自分が使っていたケーブル経由だと、小型USBコネクタの接触不良の話は、デジカメのクチ込みでも見たことがあるので、今度は、PCに本体を直接さすタイプにした。
上が新しいもの。下が故障したもの。
画像

ドスパラで390円と470円(だった?)があったが、メモリースロットがシールドケース(だぶん)で覆われている高い方にしてみたが、樹脂ケースの合わせの精度が粗く、開けづらかった。メモリースロット側なぞは、笑っちゃうほど。いくら安いからと言っても、ちょっとひど過ぎ。子供おやつに付いてくる、おもちゃの感覚だ。長く使う気にはなれないが、速度的には問題ない。

上海問屋で見たら、Transcendのものが699円であった。デザインも良い感じ。別に何か買うときは一緒にこれも買いたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック