フリーで使える無線LANポイント

コレガの無線LANブロードバンドルータCG-WLR300GNHが6000円と安かったので、Amazonで購入しました。
今どきのものは、USBポートも付いているので、そこにUSB HDDをつないでおけば、無線LANでHDDにアクセスできるんですね、もうNASなんか要りませんよね。バッファローの方は、もうちょっと機能が高いですが、家のTVがそこまで対応していないと思うのでこれで十分です。
(でも将来ほしいです。ファイル共有だけでなく、DLNAクライアントから音楽や画像、映像ファイルを再生できる「メディアサーバー機能」、Webブラウザを利用して外出先からアクセスできる「Webアクセス機能」、PCレスでファイルをダウンロードできる「BitTorrent機能」などを搭載しています。 )

購入のきっかけは、使っていた、11MBPS専用の無線LAN(2002年購入)の暗号方式のWEPが簡単に解読されてしまうことを今頃知ったことからです。これはだいぶ前から指摘されていて、1年前にも話題になったそうですが、全く知りませんでした。家には、3台ほどのPCがありますが、もう安心して使うことができません。パソコンは常時電源を入れていませんでしたが、使っているときは、HDDを共有設定して使っていたので、もしかするとデータを読まれてしまったかも知れません。。。。かなーり、やばいです。。。

ただ、この脆弱なWEP方式を、引き続いて使わなければ行けない問題がありました。

DSiのドラクエ9の設定が、WEPにしか対応していないからです。
DSi本体では、Wi-Fiの設定4-6がWPAに対応していますが、ドラクエ9では、WEPのみの設定1-3からしか選べませんでした。

コレガの本体の方では、マルチAPに対応していましたので、WEP(単なるインターネット接続のみ、共有ネットワーク参照不可)と、セキュリティが必要なパソコン用に、WPA2(AES)の両方が使える設定にしました。一応、共有ネットワークへの参照は防げますが、依然として、WEPが残っているので、解読されてしまえば、ただでインターネット利用されてしまいます。
自分の「無線LANインターネットの環境を無料で提供する」ことを防ぐ手段はなさそうです。
世の中、ダダで接続している人は多そうです。

使っていなかった、PSP(2000)も設定しました。WPAに対応してましたがAES設定が出来ないようなので、これもWEPのままにしました。

コレガの設定で、気になったことは、マニュアルの出来が良くないことです。
DIPSWでの出荷時は、WEPも使える、マルチAP設定になっていますが、そのWEPのキーが設定されていないことと、キー設定をする必要性について、記載していないことです。良く知らない人なら、キー設定をしないと思うので、解読ソフトを使わなくとも、他人がフリーで使えてしまいます。
また、WEPを使わない人は、出荷時のDIPSWを変えてまで、マルチAPを使用しないようにするのでしょうか?マニュアルに大きく注意事項として書いてあれば別ですが、全ての人がそうするか、ちょっと、疑問です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック