GARMIN nuvi1480 使用感

今度は、GARMIN nuvi1480をちょっとだけ借りました。

道路をものすごく太く表示するので、違和感があるのと、地図を3Dモードから、非3D表示モード(ノースアップとか)への切り替え方法がわからなかったので、まともに使う気になりませんでした。

一応、良い点ですが
・GPSログ機能がある
Googleアースでそのまま見れるファイル形式で保存しますので、SONYより簡単に走行軌跡がパソコンで見れます。

・薄いです
 SONYと同様に薄くて、携帯するにはいいです。画面表面は、SONYと違って普通にグレア処理されているので、バッグに入れても、キズも付き難いです。

・画面キャプチャー機能があります
 画面キャプチャーをONにすると、どの画面でもいつもカメラマークが左上とかに表示されるので、それを押すとカメラマークが消えて画面コピーして保存します。こんな機能があるナビは初めて見ました。地図でもメニュー画面でもキャプチャーできます。

・Bluetooth対応してます

悪い点
・固定用の吸盤がベトベトしていないので、そのままでは吸い付かないです。
付属のシートみたいなものを車に貼り付けてから、その上に吸盤を固定しますので、取り外して、別の車に取り付けようとしても、シートが一枚しか付いてないので、だめです。フロントガラスなら、くっつきましたが、前方視界がわるくなるし、位置が遠くなって手が届かなくて操作できません。自分は、別のナビの画面になら、くっついたので、そうしてとりあえず使いました。

・地図が4GBと少ないので、詳細な地図が入ってません

その他
・マニュアルは、期待してなかったですが。まともでした。

・家で充電するとき用に、ACアダプタがありますが、それは、本体のUSBコネクタへさして使います。
USBから電源供給するので、PCに接続して使っているときは、電源供給の心配は不要です。じゃまなACアダプタの用意は不要です。

・USBケーブルは付属してます。

・海外のGarmin地図が使えます。
海外でナビ付きのレンタカーを借りても、操作や案内が英語なので使い難いので、日本で買った海外対応のナビで日本語で操作や案内される方が使いやすいと聴いたことがあります。日本で海外地図を買うとちょっと高めらしいですけど、その方が心強いですから、そんな使い方をする方にこそ、Garminはいいのかも知れませんね。

・ナビ地図画面は、サブ画面です
メイン画面はこの画面です。現在地を表示したいときは、ここから地図のボタンを押します。
画像

メイン画面では、目的地と地図のボタンが同一画面上に現れます。地図表示は最優先でない考え方になってます。こんなナビは見たことありません。欧米では、みんなこんなナビなのでしょうか?考え方の違いでしょうが、ちょっと使い難いです。この操作には、慣れない気がします。

あまり使わなかったので、こんなもんですが、Googleアース対応ログ出力が一番いいところでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック