SONY PNDナビ NV-U75V 使用感

会社で買ったものを借りて使ってみました。

1.良い点
●液晶が明るくてきれいです

●地デジが番組表から録画予約できます
予約時間になれば、電源ONして画面がOFFのままで、録画してくれます。
保存先は別売りのメモリスティックです。
子供とのチャンネル争いに負けるので、携帯より画面も大きく予約も簡単なので重宝するかもしれませんね。

●電子地磁気センサー搭載しているので、徒歩モードで使った時に、方角がわかります。
手に持って回すと、面白いように、マークの向きが変わって、どっちの方角に向いているのかわかります。
車から外して、街中で使う時には絶対あると便利そうな機能です。地図をヘディングアップモードして、歩きながら使うと、歩いてる方角にあわせて地図が回転してくれるので、見た目と地図が一致するのでいい感じです。
携帯電話でこそ、欲しい機能ですが、今はAndroidケータイHT-03Aについてるくらいでしょうか?次期iPhoneでは付いてきそうですね。

地下鉄から地上に出た時に、およその場所はわかっても、方角がわからなくてどっちに向かえば良いのかわからない時がありますが、これで迷わないでも済みそうです。ただ、地上に出て電源を入れると、方角はすぐにわかりますが、GPSを受信するまで位置はわかりません。前回GPSを受信していた時からあまり経っていなけれはすぐに受信するでしょうけど、その変の性能は、使った感じではあまり変わらない気がしました。

徒歩モードで、電源ONした時には、本体を回転させて地磁気センサーの調整をしてください画面が、毎回最初に表示されます。ぐるぐる回転させてもなかなか終了しないことがあったので、キャンセルSWを押したら、すぐに地図画面になったので、次回からは、めんどくさいので、毎回キャンセルSWを押すようしてます。
ちゃんと回転調整すれば、毎回調整しなくても済むのかは、取り説を見てないので、わかりません。

●GPSログ機能があります
毎秒のGPS測位結果をNMEA形式で記録できるので、Googleアース形式へ変換すればGoogleアースで重ね合わせ表示できます。電源オフ時に、ファイル名更新してました。


2.悪い点
×タッチパネルは、ツメの先っぽで押しても反応してれません
感圧式から静電容量方式のタッチパネルへ変更したので、指先(のお肉)で軽いタッチでの反応は凄い良いですが、ツメで押しても反応してくれません。慣れの問題かも知れませんが、自分にとってはちょっと使いにくいです。
どこかの純正ナビも同じように、同様にツメの先っぽでは反応してくれず使いにくかったですが、これも静電容量方式になっているのでしょうね。

×良く使う縮尺切り替えのSWが小さくて使い難いです
SWの大きさが小さいことと、ちょっとタッチする位置が少しズレると、無反応だったり、スクロール動作になってしまいます。狙って押さないと、正しく動作してくれない感じです。

×起動時は、GPSを受信してからでないと、推測航法の機能が働きません。
朝一番で使うとGPS受信するまで、自車位置が動かないが時間が長いです。時間は、GPS受信環境に大きく左右されますが、NV-U1と同じ感じです。その間はナビとして使えません。
長いトンネル(どれくらいの長さ?)でも推測航法するとカタログで書いてありますが、起動時は、GPSを受信してからでないと、推測航法の機能が働きませんので、車を走らせても自車位置はその間自宅で止まったままです。

2軸ジャイロ、3軸Gセンサ、それに、地磁気センサまで付いてるのに、それを使って推測航法をしようとしないのはなぜ?でしょうか。地下駐車場とか、山に囲まれてGPSが受信できない場所から出発しなければならないときに、使えないことが何度かありましたが、そんな時は、PNDを捨てたくなります。これが、相変わらずなのは、残念でした。

これは、もしかしてすべてのポータブルタイプのナビに共通なのでしょうか?
車速信号を接続するナビは、位置精度は安心してられますが、取り付けとか面倒ですよね。

▲DGPS対応は不明です
最近のGPSロガーでは、SBAS(エスバス)でのDGPSは当たり前ですけど、対応しているかどうかわかりません。
せっかく、GPSログ機能があって、GPSロガーにはない地図表示機能があるのだから、これでDGPSに対応していれば、完璧!なのですが、もったいないです。
まあ、DGPS対応と言っても、GPS自体の精度が良いので、DGPS機能は不要かもしれませんけど。

ちなみに、SBAS(日本上空ではMSAS)では、静止衛星から出力している補正情報を電波受信できますが、最近のGPSロガー用のGPSCHIPは、台湾製が多くて、どれもSBAS対応しています。
GarminのPNDでは、SBAS対応ON/OFF設定がありました。

昔は、HNKのFM多重放送でDGPS電波を送信していた時期もありましたが、今は、GPSと同じ1.5GHzの電波で受信可能なのでGPS CHIPが対応していれば良い世の中ですね、便利になったもんです。


×FM VICSが標準では付かない
操作の慣れの問題はあるとして、良く出来たナビなので、欲しいとも思いましたが、FM VICSが付いてませんでした。
SONYの最大の欠点です。なぜ、FM VICSを付けないのでしょうか?
自分でお金を出してまで欲しい製品ではないです。


3.欲しい機能
☆標高線や登山道が入った地図が欲しい
取り外しできるので、山登りで使いたいのですが、山では白一色の表示となります。
たいしたデータではないでしょうから、ゼンリンさん作ってくださーい!


長くなったので、とりあえず、ここまで


12/9追記・・FMVICSの×
12/27追記・・クレードルのマグネットを取り外せばTVが見れるようになります。
   ⇒「NV-U75V/NV-U75の走行中の操作・機能制限を解除する方法」で検索
 うー、SONYが欲しくなってきた、、

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック