電圧上昇抑制機能 その後2

我が家に設置した電圧記録計の方が記録されていなかったので、東電がまた設置に来ました。今度は4日間だけ記録するそうです。
画像

電柱のトランス調整後にどうなるか、気になったので、実際にテスターで電圧を計ってみることにしました。
コンセントにテスター棒を刺した所です。
画像

1時間くらいの間に104~107Vくらいまで振れてました。
画像

次の日には、ずっと見ていたわけでないですが、最高値、108.4Vでした。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

東向き
2009年12月21日 23:19
いつも楽しく見させて頂けて、有難う御座います。
テスターでの電源電圧の件拝見させて頂きました。
結構短い時間で変動しているのですね。これは1つの変圧器
(電柱の奴)を共有して使用している何処かの方が、
短時間に大きく消費電力を変動させて使用している(工場?)
等の影響が大きいかと思います。東電の場合、電柱の変圧器
以後の2次側配電線が太くて長い傾向があるので影響が
多いかもしれません。
そんな影響で抑制が時々出ていると拝見致しました。
電圧は1ステップ(約2.5V)下げてくれる可能性もありますが、
かなり微妙な感じと見させて頂きました。それは、
太陽光パワコンは一瞬でも107Vを上回ると抑制が発生します。
電力会社の電圧モニターはある時間の平均値の電圧が107を
上回っていると初めて電圧調整となります。
結果として変更なし(東電殿)回答された場合、実際には
抑制で問題在りとゴネて見る事を推奨致します。
当方、「東向き」家ですが、は中電エリアで太陽光をやっています。
2.75KWシステムND153、18枚です。
昨年3月の瞬間ベスト5は2.70を全て超えていました。
現在12月は1日の発電量が7K強(8K出ません(泣状態))です。
あ、言い忘れましたがパネルは東6、西12です。

電源電圧は109V前後で異常に高かったので太陽光
工事を記に中電さんに調整をお願いしました。
記録計をつけて約5日間。結果は、最大で109.2V。
当方のテスターチェックは、111V超えでした。
その後電圧は2ステップ(約4.5V)下げて頂き、
お陰さまで現在発電は順調です。
2倍買取もありニコニコしています。(笑)

ご参考になればと思いコメント書かせて頂きました。
ゴシッシ
2009年12月22日 21:44
東電は5Vくらい下げてくれるのかなと想像してましたが、たった1ステップ(2.5V)下げるだけでも大変なのですね。参考になり、ありがとうございます。
こちらの発電量はまだ書いてなかったですが、朝から晴れた日ですと、10kwhくらいです。消費量が見えるので相方は日中とかはオイルヒータやホットカーペットとかの暖房せずに節電に励んでくれてます。おかげで、売電量が減らなくて助かってまーす。
東向き
2009年12月22日 23:37
ゴシッシ様 いつも有難う御座います。

一言追記させて頂きます。
>量が見えるので相方は日中とかはオイルヒータやホットカーペットとかの暖房せずに節電に励んでくれてます。おかげで、売電量が減らなくて助かってまーす。

東向き家も発電中はエアコンによる暖房の禁止令発令中です。
電力会社に売った方が得という事です。今年はファンヒーターも復活して昼間は灯油炊いて暖取っています。

この記事へのトラックバック

  • プラダ 財布

    Excerpt: 電圧上昇抑制機能 その後2 ちょこっとやってます。ゴシの日々/ウェブリブログ Weblog: プラダ 財布 racked: 2013-07-09 00:57