SANYO ナビ NV-SB541D 使用感

今度はSANYOのPNDナビ NV-SB541DTを借りました。

1.良い点
・カタログSPEC的にも満足でき、使った感じもこれと言った欠点がないです
 今どき性能の買って安心なPNDって感じです。

2.悪い点
・住宅地図レベルの詳細な縮尺では、国道の色が他の道と同じで、見分けがつかない。
 SONYは見分けがつきます。
・TVの番組表からの録画予約ができません。
・TVの録画予約はマニュアル操作となりますが、時間の設定がめんどくさそうです。

3.その他
・GPS感度はSONYと同じようです。
SONYとSANYOの2台を車のインパネに並べて、朝一番と、2時間経過後に、同時に起動しましたが、数秒くらいの違いで、GPS測位したので同等のようです。

・タッチパネルの反応がSONYに比べて少し悪いですが、慣れの問題だと思います。
三洋は2年前のゴリラをまだ使ってますが、この機種もそうなのですが、SONYと比べると、軽く押しただけだと反応してくれません。ただ、まだ使っている2年前のゴリラでも、特に気にしたことはなかったです。単に比較論です。

・本体の厚みがある。
バッグとかに入れて持ち運びする使い方では、厚みを感じます。
SONYは特に薄いので、持ち運びには便利だと思います。ただ、表面がピカピカなので、どこかに入れて持ち運ぶような使い方だと、キズ付きがちょっと気になります。

・固定用のヒンジが後ろに内蔵されてます。引き出せば斜めに固定できます。
SONYは別体の立てかけ用の折りたためるプラスチックの盾がついてるので、それで固定する使い方になります。
ただ、家で使っている時は手に持って操作するので必要ない気もしますが、それぞれ違った方法対応してます。

・パーキングブレーキ信号を工夫すれば、走行中での操作やTVが見れるみたいです。
実際に自分は2年前のゴリラに、パーキングブレーキ入力ジャックに細いネジを差し込んで、走行中でもTVを見れるようにしてました。パーキングブレーキ信号を、GND(たぶん)にするより、簡単に出来ました。
今度の機種でも、M2.6長さ10mm以上の、なべ小ねじを差し込めば見れるらしいです。

まあ、走行中TVを見る事は禁止されているので、あくまでも個人責任の範疇ですけど、容易に走行中TVを見れるようにしている企業姿勢も問題かも知れません。そうしないと、売れない事情があると思いますが、SONYのように、GPSの速度で走行判定しているので、走行中は絶対TVを見れないようにしている企業姿勢は、何らか評価されるべきだと思います。
  ・・・・とは言っても、やはり走行中にはTVを見たいし、メニュー操作とかもやりたいです。

・地図の背景色が、すっきりしません。
背景色がテクスチャーを使った表示なので、ざらついた感じになってます。
公園の緑とかに、一部だけテクスチャー表示させて、存在感を見立たせるのは良いと思いますが、ほとんど全部なので、ちょっとやりすぎかもしれません。
SONYは、テクスチャーを使わないシンプルな表示なので、すっきりとしてます、見やすい感じがします。
慣れれば(気が付かなければ)別に問題ないと思います。

・道路は細く表示します。
道路幅を細めに表示しますので、特に夜間の背景色が暗めになると、見難いように感じます。
SONYは、2年前のSONY NV-U1では、SANYOのように細かったですが、今のSONYは、道路幅表示を太い(初期値)/標準から選べ、標準でも太めで表示します。太い設定にすると、さらに太くなり、自分にはちょっとめざわりなので、標準の設定に変えて使ってます。ちなみに、Garmin1480ナビでは、文化の違いなのか、異様に太い表示でした。

・トヨタ純正ナビのような色使い
行政界区切り(字・町丁目界)で色分け表示が可能(初期値はON)です。
テクスチャーもそうですが、純正ナビみたいな色表示です。

・施設内の道路標示
SONYと2台並べて走ると、いろいろな違いがすぐにわかります。
例えば、大きな公園内の道路や歩道を線で表示するので、なんとなく公園内の様子がわかりますが、SONYはそれを表示しません。ただ、SONYは、施設内に建物があれば、SANYOより多く表示します。
また、住宅地図の縮尺では、ある縮尺から、道路の中央分離帯を表示しますが、SANYOの方が1段広域の縮尺でも表示可能です。ちょっと、混雑した表示になりますけど。

・交差点情報表示
ルート案内していないのにもかかわらず、交差点手前になったら、右上に小さく、レーン表示、交差点名(たぶん)、交差点までの残距離を表示します。
 
・バックカメラ入力と、なんと!うれしいことに、バックカメラ映像の目安線表示機能までありました。
自動検出に設定しておけば、バックカメラ映像信号電圧が出たことを検知して、自動でカメラ映像に切り替わる仕組みのようです。目安線の表示位置は、画面を見ながら位置を手動で調整します。
カメラ画像の明るさや、コントラスト等の画像調整もできます。
PNDでここまでやるのか!。。。というか、SANYOの据え置き型ナビとソフトが共通なのだから出来ることでしょうね。
バックカメラは非常に便利な道具ですから、☆☆☆です

・FM VICSは、付属のVICS専用フィルムアンテナを付けないと受信できないようです。
10cm程度のアンテナを引き出しても、TVは映りますが、FM VICSは受信できない感じです。

・マニュアルが510ページもありました。
トヨタ純正ナビのマニュアルと同じレベルですね、やればわかることをずらずら書いているだけのような気がします。
SONYは1/5くらいの厚さしななかったですけど、それで良いと思います。


■まとめ
ほどんど、その他に分類して書いてしまいましたが、SONYとSANYOのどちらを買った方が良いか?
を独断でまとめてみました。

・SONY=こだわり派にお勧め
 GPS LOG機能
 軽いタッチパネル操作と地図スクロール操作性
 方角がわかる歩行ナビ
 TV番組表からの予約
 Bluetoothハンズフリー機能
これら優れた機能のうち、一つでも、どうしても使いたい人向きです

・SANYO=こちらで十分に満足します
 SONYの機能に購買意欲を感じなければ、こちらをオススメします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ScottHiept
2017年01月12日 02:48
You actually make it seem so easy with your presentation but I find this topic to be actually something that I think I would never understand. It seems too complex and very broad for me. I’m looking forward for your next post, I will try to get the hang of it! http://all4webs.com/mcclearyrocha87/yoqkhakcaj331.htm

この記事へのトラックバック

  • サンヨー ゴリラ nv-sb541dtについての紹介記事

    Excerpt: 寒いですねぇ~みなさま。nv-sb541dtについての話です。サンヨー■ゴリラ NV-SB541DT 5.2V型 SSDポータブルナビゲーション ワンセグチューナー内蔵 GORILLA価格:58,00.. Weblog: サンヨーのカーナビ racked: 2010-12-19 22:05