デジカメで幻想的なHDR写真を撮ろう

画像


デジカメやデジイチでもHDR機能が付いたものが出始めてますが、HDRを極めたこの方の作品は、カメラで撮影した写真を元にしているものとは到底思えないものです。芸術的というか、劇画調で、人間の手で描いたように見えます。
http://hdri.iwalk.jp/
この方は昔からやってるので、機材や撮影方法とか、HDR写真を売ってお金を稼ぐ方法とか、味もあるところが好きです。

久しぶりに見せてもらったのですが、変らすに写真更新を続けられてました。でも昨年に会社を辞めてフリーになってしまったのには、おどろきました。日本では先駆者なので、今後の活動が楽しみです。

世界のHDRの写真例⇒http://www.flickr.com/groups/hdr/ ここでは、普通の風景をより美しくした写真が多いです。見ていてきれいです。こんな写真を自分でも撮って見たいです。

最近、カメラ雑誌を立ち読みすることもなくなったのですが、HDRな写真を見かけるようになると、少しは面白くなるかもしれませんね。三脚を立てて撮影するスタイルは、大変ですが、風景写真とかをとるオジサンなら当たり前のことです。素材さえ用意できれば、ソフト(体験版あり)を通せば簡単にHDR写真が出来ます。素材とは、絞り値を一定にして、シャッタースピードを変えることによって暗い写真、通常の写真、明るい写真の3枚です。HDRに適した素材は、色が多くてコントラストも高いものが良いようです。

自分も10年くらい前ならいくらでも自分の時間があったのですが、今はちょっとその変が厳しいので、できないでいます。まあ、やる気の問題ですけど・・

冒頭の画像のSONYα550(昨年11月発売)のHDR機能では、三脚不要で手持ち撮影が出来るようになって、だれでも、いつでも撮れます。可能性が広がりました。ただ、ダイナミックレンジがちょっと狭いです。maxでもEVレンジは、3EVなので、±1.5ブラケットということでしょうか。
そのためか?SONYの作例を見てしまうと、がっかりします。あくまで、上のような優れたHDR写真との比較ですけど、プロが撮ってもこの程度のメリットに過ぎません(今まで出来なかったことなので、十分評価に値しますけど)。⇒http://www.sony.jp/dslr/HDR/index.html

もう少しEVレンジが広くなればと、3枚まで可能になれば、いいのですがちょっと残念です。
でも、ここまで完成してれば、あとは技術的には難しそうなところはなさそうなので(単にチューニングの世界?)広いレンジのHDRデジカメが出てくるのも時間の問題でしょうね。

大いに期待してます。。


春モデルのデジカメもだいぶ発表されてますが、欲しいデジカメがありません。
TZ5で十分です。ちょとだけ欲しいのは、防水カメラくらいでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック