CANON新プリンター発表でガックシ

パソコンにプリンター用のドライバーとかインストールしてたら、CANONプリンター用印刷ソフトのEasy-PhotoPrintのVerが昨日の8月30日付けで動画からの切り出し対応されたVer. 3.2.0になってることに気が付きました。

動画からの切り出し印刷が簡単にできるなんて便利ー!と一瞬思いましたが、CANONのデジカメに付いてくるソフトにしか対応してないため、CANONデジカメを持っていない自分には関係なくガックシ。

昨日のCANON新プリンターの発表記事も見たら、今年も、小型、写真画質、前面給紙の3つが揃っているプリンターの発表がなく、またもやガックシ。

昔のiP4000シリーズ(iP4500まで)なら前面カセットにL版やはがきを入れることができたのに、今年のiP4830もそれが出来ません。見た目の形は同じなのに、なんで出来ないのでしょうかね?EPSONにも、小型、写真画質、前面給紙の3つが揃っているプリンターは無いです。我が家のiP4100の印刷状態が悪くなってるので、早くプリンターを買い替えたいのに、それが出来ないので困ってます。最悪です。

近頃のプリンターはコピー機能がある大きなものばかりで、そんな大きなプリンターを置く場所は、我が家にはありません。コピー機能やスキャナ機能は、デジカメで代用できるので不要なのです。プリンターメーカさんには、前面給紙のみの対応で良いので、なるべく小型なのものを作って欲しいのですけどね。。。

今時のプリンターってノートPCに較べたら巨大ですよね、

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック