安物オイルチェンジャー

プレオで上抜きでエンジンオイルが抜き取れない原因ですが、今度は、S-MXでもう一度いろいろやってみたらわかりました。

車側の問題ではなく、カインズホームで買った安物(2980円)の電動オイルチェンジャーの吸取り能力が小さいことが原因でした。

元々ポンプ能力が低いので、空気を吸ってしまうとロータリーポンプの中に空気が入ってポンプ能力が低下して、長いチューブでは吸い上げられなくなるのだ。買った時には、ロータリーポンプ内にオイルが充填されているので、最初は吸い上げられるのだが、一度でも空気を吸って、もうだめ。空回りするだけとなる。
こうなったら、一旦長いチューブを外して、短い長さ(20cmほど)にして、なんかのオイルを吸わせてロータリーポンプ内にオイルを充填する必要がある。

ただ、やわらかい排出用チューブがねじれたり、つぶれたりしやすので、注意が必要。途中で吸上げが止まってしまうことがある。そうすると、また、ロータリーポンプ内にオイルを充填する作業が必要となるので、非常にめんどくさい。

車からオイルを全部吸い上げた後には、当然、カラ回り状態になるので、次回使うときも、最初にオイル充填作業が必要となる。
チューブを付けたり外したりで、あちこちオイルまみれになるし、吸上げ速度は遅いし、モータ音もうるさいし、いいことないです。よっぽど、ドレインからの下抜きの方が楽に出来るでしょうね。

これは、吸上げが途中で止まってしまったところ。
画像


排出用チューブは邪魔。オイルまみれになる原因の一つ。手動型のオイルチェンジャー型なら、本体内にオイルが入って、いいのですけど。。。
画像


オイルチェンジャーが欲しいなら、少し高いですが、手動型の方がいいでしょう。


なお、プレオで上抜き可能かどうかですが、プレオと同じEN07型エンジンのビィビィオでやった方を見つけたので、問題なさそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック