蛍光灯電球。点け始めは暗いんです

LED電球はまだ高いので、ぐるぐる巻きの蛍光灯型電球へまた交換しました。

口金が17mmで60Wのものは、安いものが無かったのでPanasonic製を購入。880円とちょっと高めでした。40Wなら、半額以下のメーカのものがあるのに、、、明るいものが必要な玄関用なので仕方ありません。

交換してみたら、あまりにも暗いので、びっくり。40W以下?くらいの感じです。これまで、いくつかのメーカの蛍光灯型電球を買いましたが、こんなことは初めて。故障なの?と思って、箱の注意書きを見たら、「周囲温度が低い場合、明るくなるまで時間がかかります。」⇒つまり、電源をONした直後は暗い!ような事が書いてありました。ちょっとショック!

高い(ちょっとだけですが)お金を出して、Panasonic製!を買ったのに、、、だまされたーーって感じでした。

でも、時間が経ってから玄関に行くと、かなり明るい!

交換前の白熱電球より明るくなっているのです(まあ白熱電球の方は、だいぶ使っていたので寿命に近くなっていたからなのかもしれませんけど、)

あと風呂場用の口金26mm電球40w2個(2個で580円、NECxx製)も、蛍光灯型電球へ交換。こちらも、同じように時間が経つと明るくなっている感じでした。

今までも、蛍光灯型電球へ交換してきたのですが、付けた場所が違うので気づきませんでした。

蛍光灯電球は点け始め暗いんです。ご注意!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック