ソニーのリモコン分解掃除

まだ、ソニーのTVを買ってから3年ほどしかたってないのに、リモコンRM-JD005の電源ボタンの反応がわるくなってしまいました。ギュ!と少し力を入れないと反応してくれないのです。そこで、分解掃除することにしたのですが、分解しようにも、ネジが一本も使われてないので、どうやって開けてよいかわからないのです。
最近のリモコンはネジを使っていないようなので困ります。ネットで調べても、ネジがある古いタイプのソニーのリモコン分解記事は見つかったのですが、RM-JD0・・のリモコン分解記事が見当たらないのです。
どこに、ツメがあるのかとか、後ろの2つの穴の意味も、わからないので、どこから開けて良いか全くわからないのです。

新品1470円(@ビックカメラ)を買うのは、ばかばかしいですし。。。
 ⇒http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/catalog/detail.jsp?JAN_CODE=4546821910556

仕方ないので、キズがたくさん付くのを覚悟の上で分解しました。分解方法は後ほど説明しますが、バラすとこんな感じです。ツメの位置(横5個+5個、上2個、下2個)は基板がある下ケースから読み取ってください。
画像

食べ物のカスや油やごみなどがゴムシート上とかに溜まっていますが、リモコン分解掃除は今まで何度もしましたが、これくらいなら、まだきれいな方かな。電源ボタンの接点も以外に汚れてなかったです。でも、このくらいの汚れでも、接点不良になるのです。
画像


分解は、まず、一番細いマイナス精密ドライバーや、さらに細くて薄いメガネ用ドライバーを使って、リモコンの後ろをこじ開けました。ツメの位置は左右に2個所だったです。真中の穴に惑わされていろいろコジッてしまったので、キズは多めについてしまったのは仕方ありませんね。それに、最初から薄いメガネ用ドライバーだけを使えばよかったです。
画像


後ろを開けてしまえば、あとは簡単です。下のように、ツメの位置の横にドライバーを差し込んで、ここから、ドライバーを下に下げれば、パッカという音とともにツメが外れます。横側は薄いドライバーとかを使って丁寧にやれば、少ないキズで開けられます。
画像


上の様に分解できたなら、ゴムシートと上カバーをきれいに洗って水滴を取り、基板面の汚れをティッシュでごしごし拭いてから、元に姿に戻して完了です!反応が悪かったもの直りましたし、リモコン表面の汚れも取れてきれいになって、いい感じです。

リモコンの後ろもこんなにキズだらけになっていましたが、
画像

目立たなくしてみました。
画像


なお、リモコンの後ろ側のツメから開けて行きましたが、素人なので、どこのツメから開けてた方が一番よいのかはわかりませんので、ご存知の方がいれば教えてください。


12/31追記
続編です
http://goshi-shi.at.webry.info/200912/article_20.html

"ソニーのリモコン分解掃除" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント